2019年01月17日

菅原神社(埼玉県児玉郡上里町)

IMG_5126
【所在地】
埼玉県児玉郡上里町帯刀235
【創建】
天歴3年(949年)
【御祭神】
菅原道真公、武夷鳥神、火雷神

由緒書きによると、久寿年間(1154年-1156年)に春宮帯刀義賢(源義朝の弟)を当地に葬り、以後帯刀村と称したそうです。菅原神社は帯刀の鎮守として祀られている社で、『明細帳』によると、陰陽博士紀友成が日本回国の末に当村に来た際、村民は菅原道真公の絵姿を請い、これに武夷鳥神と火雷神を併せ祀り、天歴3年(949年)9月に至り社殿を創立したそうです。

IMG_5098
IMG_5097
高崎線の神保原駅。埼玉県内の高崎線の駅としては最北の駅となります。一応、菅原神社の最寄り駅となります。
IMG_5101
神保原駅から菅原神社へ向けて歩きました。駅周辺は住宅が多かったのですが、しばらくすると田畑が広がるようになりました。途中、上越新幹線の高架が見えてきました、更にその先を目指します。
IMG_5105
IMG_5104
神保原駅から45分くらい歩き、ようやく菅原神社に到着しました。
IMG_5133
IMG_5136
何故神保原駅から45分かけて歩いたかというと、菅原神社の前にはコミュニティバスの停留所がありますが、一日計4本の上、この日は運休日でコミュニティバスは走っておりません。神保原駅ひとつ手前の本庄駅を発着する朝日自動車バスの停留所も徒歩で20分以上掛かります。バスの運賃もまあまあ掛かる上、20分以上歩くならバスの運賃を浮かせよう…という事で45分歩きました。ケチと思われるでしょうが、あちこち行っていると交通費が掛かるんですよね…。
IMG_5128
鳥居付近にある由緒書きです。
IMG_5106
IMG_5124
参道には梅並木になっておりました。さすがにまだ咲いておりませんでしたが、もう少しすると参道は梅の花でいっぱいになるでしょう。
IMG_5107
参道脇に滑り台などの遊具がありました。
IMG_5108
参道脇にある車の祓所です。
IMG_5109
IMG_5110
祓所の隣には子育て三猿がおりました。
IMG_5125
参道脇、拝殿前にある由緒書きです。
IMG_5126
菅原神社の拝殿です。
IMG_5115
大きな岩がありました。
IMG_5117
菅原神社の拝殿右手にある境内社の稲荷神社と愛宕神社の合殿です。左側が稲荷神社、右側が愛宕神社となっております。
IMG_5118
IMG_5120
IMG_5121
稲荷神社側(左側)から周って御柱を撫でれば願いが叶い、愛宕神社側(右側)から周って撫でれば幸福を呼ぶとされております。
IMG_5119
社殿後方にある多数の境内社です。
IMG_5123
駐車場の看板にあった十二支の性格早見表です。自分の干支を確認してみましたが、一行目はともかく二行目は当たってるかも…。
IMG_5137
駐車場にある遥拝所の石碑と庚申塔です。方角的に伊勢神宮の遥拝所のようです。
IMG_5130
IMG_5131
IMG_5132
境内向かい側の駐車場にある封治神社です。左側に野見宿禰命が、右側に少彦名命が祀られております。
IMG_8997
菅原神社で頂きました御朱印です。拝殿左手の授与所はどなたもいらっしゃらなかったのですが、チャイムを押すよう書かれていたので押してみたところ、隣接するご自宅から来て頂きました。
初穂料は300円納めております。


mossanjapan at 00:00コメント(0)神社 | 埼玉県

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 粟鹿神社(兵庫県朝来市)
  • 粟鹿神社(兵庫県朝来市)
  • 粟鹿神社(兵庫県朝来市)
  • 粟鹿神社(兵庫県朝来市)
  • 粟鹿神社(兵庫県朝来市)
  • 粟鹿神社(兵庫県朝来市)
  • 粟鹿神社(兵庫県朝来市)
  • 粟鹿神社(兵庫県朝来市)
  • ライブドアブログ