2019年04月25日

00002382
【所在地】
愛知県名古屋市中区三の丸1-7-3
【創建】
明治2年(1869年)
【御祭神】
愛知県ゆかりの御英霊93000余柱

尾張藩の藩主であった徳川慶勝が戊辰戦争で戦死した藩士等25柱の神霊を現在の名古屋市昭和区川名山に祀った旌忠社が始まりとされ、明治8年(1875年)に招魂社、明治34年(1901年)に官祭招魂社、昭和14年(1939年)に愛知県護国神社と改称。終戦後は護国神社の名称が使用できなかった為、愛知神社と改称しましたが、昭和30年(1955年)に愛知県護国神社へ復称されました。続きを読む

mossanjapan at 12:00コメント(0)神社愛知県

2019年04月24日

00002327
【所在地】
愛知県名古屋市中区丸の内2-3-37
【創建】
元和5年(1619年)
【御祭神】
徳川家康公

徳川家康三回忌である元和5年9月17日、家康の第9子で尾張藩初代藩主である徳川義直により名古屋城三の丸内の亀尾天王社(現在の那古野神社)の隣に東照宮を勧請。日光山鎮座の式に準じて天台宗尊寿院ならびに神主・吉見公和によって奉仕されました。名古屋城の三の丸にあった事から『三之丸東照宮』と呼ばれておりました。
明治9年(1876年)、名古屋城内に鎮台が設置されるのを機に現在地である旧藩校明倫堂跡地に遷座。昭和20年(1945年)、空襲により本殿をはじめとする主要建築物は焼失しましたが、1954年(昭和29年)に名古屋市東区にある建中寺から徳川義直の正室春姫(高原院)の御霊屋を移築し、社殿としました。続きを読む

mossanjapan at 12:00コメント(0)神社愛知県

2019年04月23日

00002301
【所在地】
愛知県名古屋市中区丸の内2-3-17
【創建】
延喜11年(911年)
【御祭神】
須佐之男命、櫛稲田姫命

以前は亀尾天王社もしくは単純に天王社と呼ばれており、名古屋城の三の丸にありました。天文元年(1532年)の合戦により社殿を焼失しましたが、天文8年(1540年)織田信秀により再建されました。慶長15年(1610年)名古屋城築城の際、徳川家康がおみくじで神意を伺ったところ遷座不可と出た為、三の丸に留まり、名古屋城の鎮護、名古屋の氏神として祀られました。明治維新後に須佐之男命神社と改称された後の明治9年(1876年)に旧藩校明倫堂跡である現在地へ遷され、明治32年(1899年)に那古野神社と改称されました。昭和20年(1945年)3月19日の空襲で本殿などが焼失しましたが、戦後に再建されました。続きを読む

mossanjapan at 12:00コメント(0)神社愛知県
ギャラリー
  • 愛知県護国神社(愛知県名古屋市中区)
  • 愛知県護国神社(愛知県名古屋市中区)
  • 愛知県護国神社(愛知県名古屋市中区)
  • 愛知県護国神社(愛知県名古屋市中区)
  • 愛知県護国神社(愛知県名古屋市中区)
  • 愛知県護国神社(愛知県名古屋市中区)
  • 愛知県護国神社(愛知県名古屋市中区)
  • 愛知県護国神社(愛知県名古屋市中区)
  • ライブドアブログ